LOG IN

本屋の終わるとき

by lazy_planet

先日、京都四条のマルイにある、フタバプラスという書店が閉店した。
セレクト雑貨店と併設された店内は、こじんまりとしながらも、売れ筋の漫画や雑誌から、ツボをついたサブカル趣味や本格的な文芸書籍まで、充実した棚作りがされていた。

こうした書店が、街のど真ん中のビルの中にあることがうれしかった。
閉店日に駆け込んで、いくつか本を買った。

だから、閉店するのは、とても寂しい。

本屋の終わり。
本は、真ん中に居座ることに疲れてしまったのかもしれない。

終わる本屋もあれば、始まる本屋もある。

それはとてもひっそりと居を構えている。
街の真ん中ではなく、隅っこで、誰かが戸を開けるのを待っている。

本屋は終わっても、本が好きな人は残る。

集まる場所は、自分たちで、作る。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINE it!

lazy_planet
OTHER SNAPS