LOG IN

娘とお父さん

by lazy_planet

自分のことを子どもに全て話すようにいる。

お父さんは、お仕事をしていない。

お父さんは、いま病気でお仕事ができない。

お父さんは、ときどきひどく気分が落ち込んでしまう。

そうなると、気持ち悪くなったり、頭が痛くなったり、眠くなったりする。

だから、昼間でも、眠ってしまうときがある。

週に一度、お医者さんに通って、診てもらっている。

家にいて、ごはんを作ったり、掃除をしたり、お迎えに行ったりする。

外で働いているのは、お母さん。中で働いているのが、お父さん。


一応、子どもなりに分かってくれている、と思う。
「ちょっと今しんどい」と言うと、「病気だからしょうがないね」と言ってくれる。

「大丈夫?わたしみたいにごはんいっぱい食べればいいんだよ」と。

主夫であること、うつ病であること、自分が弱いこと、ふつうの家とはちょっと違うかもしれないことを、気にせずに娘に話すことができて良かったと思っている。

坂口恭平さんは『家族の哲学』のなかで、躁うつ病である自分のことを、子どもたちにさらけ出している。
それを見て、ああこれでいいんだ、と思った。


今度、少しだけ、アルバイトをすることにした。

そのことを娘に話すと、「おしごと行くの?がんばって!」と言ってくれた。
「ネクタイするの?かっこいいよ」と、自分のことのように嬉しそうに。

ずっと家にいるお父さんは、やっぱり少し嫌だったのかもしれない。
娘なりに、いつもいっぱい気にかけてくれているのだ。

がんばろう。無理だったら、ごめん。





lazy_planet
OTHER SNAPS