LOG IN

光って見えるもの

by lazy_planet

冬の夜に

街がきらきらする季節だ。

街の光に置いていかれないように、気持ちを切り替えないと、と少し焦る気持ちになる。

冬の夜は、寂しい。
寒くて暗い静かな夜は、街にとっては不気味なものなのかもしれない。

だから、街中に光を灯す。
寒くても、多くの人に訪ねてもらうために。寂しさを紛らわすために。

嬉しくって

子どもを連れて、街を歩いた。
街のあちこちにきらきらとした装飾がほどこされ、プレゼントのオブジェが置いてある。
それらを見つけては、嬉しくって走り回る。

今年はどうしようかな、と悩める大人をよそに、クリスマスの夜をとても無邪気に楽しみにしている。

サンタクロースは、どこかにいる。
どこかにいて、みんなのお父さんやお母さん、それぞれの家族に、子どもの欲しいものをそっと教えてくれる。
それをプレゼントとして用意して、こっそり子どもに渡すんだ。

サンタクロースの存在について、問われたときには、こう答えようと思っている。

あたたかい贈り物

プレゼントは、交換するものではなく、贈りあうものだと思う。

贈り物をすると、あたたかい気持ちになる。
贈り物をもらうと、あたたかい気持ちになる。

寒い季節に、贈り物をするイベントが多いのはそのせいかもしれない。

楽しく、あたたかい冬を過ごそう。



lazy_planet
OTHER SNAPS