LOG IN

詩的実験室

by lazy_planet

詩を書いてみる。

といっても、自由律の短歌である。
背景の写真一つにつき、一句。

暗い日常を送っているので、暗い表現が多いかもしれないけれど、実験的に。
ちなみに、今まで詩や短歌を書いたことが無い。


賑やかな街のはるか上に漂うのは 静けさそのものみたいな音

雨の庭に息づく花とカタツムリ 音と匂いと光を携え

知らない言語で書かれた絵本に即興の物語を添える読み聞かせ

暗闇が欲しい昼も夜も明るすぎる もっと安らぎをもっと静けさを

楽しい夜をみなで囲もう 甘く色づいた小さな灯りと静けさとともに

思春期の家出は楽しいかくれんぼ 親と子どもの愛の駆け引き

暗い森で耳を澄ませて訊く 何の音? これはね月の光を食べる音


lazy_planet
OTHER SNAPS